ケータイのウワサ情報などをキャッチ!
▼ H e a d L i n e ▼

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【IT】グーグルなど13社を訴えた国産ベンチャー「イーパーセル」驚異の実力 (DIAMONDonline)

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2012/04/16(月) 11:24:48.82 ID:???

ヒ#12442;クチャ 1


ある日本のベンチャー企業が自社の米国特許を武器に米国IT企業を果敢に攻めている。
グーグル、ヤフーなど13社を特許侵害で訴え、アップルまで標的に定める。
しかも勝てそうであるから驚きだ。そこには自社の特許を活用するという日本企業が見習うべき経営戦略がある。

2011年4月、米国テキサス州で、特許侵害に関するある大きな訴訟が起こされた。
訴えられたのは、グーグルやヤフー、AOL、AT&T、そしてアカマイ・テクノロジーズなど、検索サービス大手からインターネット接続事業者、コンテンツ配信企業に至るまでの13社だ。
こうした世界のIT産業をリードする企業を訴えたのは、実は日本企業。


しかも、社員わずか8人のイーパーセルというベンチャー企業だ。

無名のベンチャーが世界のトップ企業に訴訟を起こすとは、「なんと無謀な」と一笑に付す向きも多いかもしれない。
しかし、6月から本格的な訴訟手続きに入ると、8月には早速“白旗”を揚げる企業が現れる。
携帯端末「ブラックベリー」を製造するリサーチ・イン・モーション(RIM)だった。
イーパーセルはRIMと特許ライセンス契約を結び和解し、事実上の“勝利”を収めたのである。
その後も立て続けに3社と和解、ライセンス契約を結んでいる。他の企業とも現在争ってはいるが、いずれも勝てる公算が大きそうだ。

日本のベンチャーが世界の大手企業に特許侵害で勝つ例はなきに等しい。なぜ、このベンチャーは勝つことができるのであろうか。


-続きます-








2 :やるっきゃ騎士φ ★:2012/04/16(月) 11:24:54.59 ID:???
-続きです-

■世界の頭脳を結集させ「電子宅配便」を開発
イーパーセルの事業は、容量の大きなデータを企業向けに配送するサービスで、いわば「電子宅配便」とも呼べるものだ。

特徴は、送り手と受け手の両者がソフトウエアを導入すれば使える手軽さや、通信が中断しても確実にデータを送ることができる安全性である。
ネットのつながる場所であれば世界中どこにでも配送でき、しかもリアルタイムで配送状況が確認できる。日本から中国の奥地に100メガバイトのファイルがわずか36秒で届くスピードもある。
技術に対する信頼性も高い。イーパーセルのシステムはほぼ自動化され、社員8人だけで運営している。にもかかわらず、クレームは年に数回あるかという程度で、契約の解約はほぼゼロだ。
そうした実績が信用を集め、顧客は、日産自動車やコマツをはじめとする約600社に上る。

実はこの電子宅配便サービスを支えるシステムにこそ、世界を驚かせる特許技術が詰まっているのだ。
例えば、データの受信を通知する技術をはじめ、他人のパソコンを遠隔操作する技術、そしてネット上で個人の嗜好や習性を収集・解析する技術など。これらはいずれもイーパーセルが開発し、特許を取っているものばかりだ。

いまやスマートフォン上でメールを受信したり、バージョンアップしたりした際には当たり前のようにポップアップが現れるし、電話による遠隔サポートサービスも普及している。
個々の検索結果に関連した広告も日常的に配信されている。

つまり、前述の企業は、イーパーセルの技術を用いてさまざまなサービスを提供していることに
なり、特許に抵触していたというわけだ(イーパーセルが特許侵害とした特許の主な内容は下表参照)。


img_e7f898f2e61b7b3582b71ac9c9dd7a9166685.gif



それもこれもイーパーセルに先見の明があったからだ。
もともと1996年の創業時に、ネットの爆発的な普及で電子取引の時代が到来することを予感し、物流最大手のフェデックスの配送の仕組みを研究、電子宅配便の構想をぶち上げていた。
同時に、世界プログラミングオリンピックのチャンピオンや、数学オリンピックの選手権参加者ら世界14ヵ国の最高峰の頭脳をかき集めた。
すべては、通信経路がいかなる環境にあっても、「荷主」から「荷受人」まで「荷物」が安全かつ確実に届くよう特化させた、電子配送専用の通信プロトコルを開発するため。
要した時間はなんと1年足らずという短さだった。仕上げは、98年から2001年にかけて米国特許11件を次々と取得したことであった。

そこに目を付けた会社があった。08年ごろから、「お宅の特許は使える。売ってくれ」などと複数の米特許運用会社から問い合わせが寄せられたのだ。
もともとそれらの特許が、IT業界の「宝」であることをわかっていたイーパーセルは、これを好機とみて運用会社を介して訴訟に踏み切ったのだ。

-続きます-



3 :やるっきゃ騎士φ ★:2012/04/16(月) 11:25:01.83 ID:???
-続きです-
[3/3]
■500の特許に引用 ネット事業に必須の技術
いま、世界ではIT企業同士の「特許戦争」ともいうべき争いが繰り広げられている。
アップルとサムスン電子は特許侵害訴訟を世界中で起こしているし、グーグルは昨年8月、約125億ドル(約1兆円)でモトローラ・モビリティを買収すると発表。
その特許が狙いだったとみられている。フェイスブックに至っては、ヤフーに特許侵害で提訴されたため、IBMから特許を買収したもようだ。

まさに世界は血みどろの争い。そうした中、日本企業の特許に対する意識は極めて希薄だ。
このような状況に挑んだイーパーセルの狙いは、和解で得られる数千万円の特許ライセンス料ではない。
北野譲治社長は「そもそも経営は安定しており、ライセンス料を得ても訴訟や弁護士の費用を差し引けばもうけはほとんどない。それよりも、自社の『知的資産』を積極的に活用するための経営戦略である」と言う。

事実、その知的資産は世界に認められている。
右下表は、特許専門の調査会社パテント・リザルトの調べで判明した、イーパーセルの特許が他企業の特許にどれだけ「引用」されたかを示す件数である(12年2月末時点)。


img_e1de3fda4289452c36074b157e9f085536524.gif


引用された特許は「先行特許」と位置付けられ、引用件数が多ければ多いほど、認知度が高いといえる。
マイクロソフト26件、IBM26件、マカフィー20件、LG電子12件、
ヒューレット・パッカード9件……合計505件に上る引用件数から、世界の関心がいかに高いかが
わかるであろう。
ベンチャー故に金融資産が少ない分、訴訟などを通じてこうした知的資産を世界に認めさせることで、
ブランド価値を高めていくというわけだ。
イーパーセルは今後、訴訟対象を26社にまで広げていくつもりだ。

北野社長は
「日本にも世界に誇れる技術があることを知っていただきたい。近い将来、時価総額世界1位のアップルにも、わが社の特許技術を提供したい」と意気込んでいる。
イーパーセルの投じた一石は、特許侵害訴訟という枠には収まらず、大きな波紋となって広がりそうである。
(「週刊ダイヤモンド」編集部)

-以上です-
イーパーセル株式会社
http://www.e-parcel.com/jp/welcome/index.html

ソースは
http://diamond.jp/articles/-/17178


4 :名刺は切らしておりまして:2012/04/16(月) 11:27:33.95 ID:cmSUrQTA
凄い企業があるもんだなぁ


9 :名刺は切らしておりまして:2012/04/16(月) 11:37:21.63 ID:bab20P7l
勝ち過ぎないってトコが重要
何処かの朝鮮企業の様に特許関係でグタグタなのに比べればスマート


26 :名刺は切らしておりまして:2012/04/16(月) 11:58:25.06 ID:WHFv6wgj
>1
>物流最大手のフェデックスの配送の仕組みを研究、電子宅配便の構想をぶち上げていた。
>同時に、世界プログラミングオリンピックのチャンピオンや、数学オリンピックの選手権参加者ら
>世界14ヵ国の最高峰の頭脳をかき集めた。

これ本当かな?
なんか会社の規模に合わない気がするが。


34 :名刺は切らしておりまして:2012/04/16(月) 12:10:21.78 ID:U4XQv1HI
どうでもいいが頭の切れそうな面構えだなぁ・・・


35 :名刺は切らしておりまして:2012/04/16(月) 12:10:37.68 ID:uvG02HTF
人類の発展とか大層な事抜かさないで
こういう現実を使って金儲けするのが正しい戦い方だろう
能力で劣る者が真正面からぶつかっても強い奴に食われるだけ


40 :名刺は切らしておりまして:2012/04/16(月) 12:18:14.57 ID:AODusE6F
これが韓国企業なら、お前ら叩きまくってるw

あらゆるものは見る方向を変えただけで悪にも善にもなるし。


45 :相場師 ◆lXlHlH1WM2 :2012/04/16(月) 12:20:16.95 ID:rB11LgC2
ただ、相手はアメリカだからなぁ、
あまり調子に乗ってると・・・・


46 :名刺は切らしておりまして:2012/04/16(月) 12:25:52.79 ID:iMmp19MU
特許ゴロくずれだったりしてw パテントトロルからのアプローチも多かったみたいだし、
まあ特許だけで飯食ってる会社だ罠。


48 :名刺は切らしておりまして:2012/04/16(月) 12:32:04.85 ID:qN3b6K3W
同胞ががんばる姿はいいものニダ


56 :名刺は切らしておりまして:2012/04/16(月) 12:43:33.37 ID:CvqXasnN
>同時に、世界プログラミングオリンピックのチャンピオンや、数学オリンピックの選手権参加者ら
>世界14ヵ国の最高峰の頭脳をかき集めた。

この時点でどう考えても単なるベンチャーじゃねぇ
大手かその関係者が別会社やってるだけだろ


60 :名刺は切らしておりまして:2012/04/16(月) 12:54:50.99 ID:wQ8mz7pS
>このような状況に挑んだイーパーセルの狙いは、
>和解で得られる数千万円の特許ライセンス料
>ではない。

うーん、本当にすごい特許だったら、そんな額にならないよね。
面倒くさいから払っとくかって感じだろうな。


81 :名刺は切らしておりまして:2012/04/16(月) 13:27:02.63 ID:tWP0vqR/
どうでも良いがスレタイのソース名をディアモン・ドン・ラインと読んだ


87 :名刺は切らしておりまして:2012/04/16(月) 13:36:05.85 ID:rW+lNhDr
数百億とかじゃないんだな


89 :名刺は切らしておりまして:2012/04/16(月) 13:37:20.03 ID:vwEHtp9F
おれのネットの時代が来ることはわかってたが、起業する金がなかった。


107 :名刺は切らしておりまして:2012/04/16(月) 14:43:46.53 ID:OEvLID2m
先に引用元の記事を読んでからこっちに来てみたが、
バッシングが多いね。
素直に賞賛してしまった私は、単細胞なのか?w


120 :名刺は切らしておりまして:2012/04/16(月) 16:17:57.71 ID:sFu4NOpK
他の日本企業も見習うべき。





[ 2012/04/16 17:31 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめteみた.【【IT】グーグルなど13社を訴えた国産ベンチャー「イーパーセル」驚異の実力 (DIAMONDonline)】
1:やるっきゃ騎士φ★:2012/04/16(月)11:24:48.82ID:???ある日本のベンチャー企業が自社の米国特許を武器に米国IT企業を果敢に攻めている。グーグル、ヤフーなど13社を特許侵害で訴え、アップルまで標的に定るという日本企業が見習うべき経営戦略がある。2011年4月、米?...
[2012/04/16 17:48] まとめwoネタ速suru
スポンサードサイト
カウンター


trackword


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。